close

CASE 事例紹介

入数変動に対応する段ボールの提案

入数変動に対応する段ボールの提案

クライアント様

自動車部品メーカー

所在地

愛知県豊田市

お客様のお悩み・課題

既存ケースに入数違いの製品が入る時に、今までは無理やり詰め込んでいたり、使わないダンボールを切ってフタにしていたりと作業効率が悪く手間も掛かるため何とか出来ないかと相談を頂きました。
在庫置き場に限りがあるのでケースの種類は増やしたくないとのことです。

提案・実施内容

お客様にはケースの兼用化を提案致しました。
まずは商品が入る最大数量でのケースを作成し、その後入数違いの所に罫線を入れることに致しました。これにより入数違いの所にカッターで刃を入れて折りたたみケースに出来るように致しました。

その結果

ケースの種類は増やさず、お客様のお悩みを解決することが出来ました。

前の事例

梱包作業の時間短縮の提案

OTHER CASES

梱包作業の時間短縮の提案

段ボール製品

梱包作業の時間短縮の提案

梱包時間を短縮したいと相談がありました。お客様は段ボールケースの中で一番普及しているA式ケース(みかん箱)を使用しておりました。

詳しく見る

Page Top

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0565-80-6381 0565-80-6381 0565-80-6381

営業時間 / 8:10~17:00 土日祝休

お問い合わせお問い合わせ